スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リモートデスクトップ中にスリープに入ってしまう

Windows10 ProのCreators Updateで起きたリモートデスクトップ切断後
スリープに入らなくなる不具合
が治ったと思ったらこれだよ。
Fall Creators Updateではリモートデスクトップ接続中
無操作だと時間で切断されてスリープに入ってしまう。
スリープまでの時間を短くしてる人はうっとおしいカモ。

リモートデスクトップ接続中はスリープに入らないようにします。
タスクスケジューラーで接続と切断をトリガーにして
スリープするまでの時間を書き換えます。
接続した時チラッと見えるDOS窓が嫌な人はvbsに書いてそれを実行。

タスクスケジューラ
●タスクの作成
[全般]
名前:Sleep OFF
説明:RDP接続中はSleepなし
最上位の特権で実行するにチェック

[トリガー]
新規ボタン
タスクの開始:ユーザーセッションへの接続時
OKボタン

[操作]
新規ボタン
プログラム/スクリプト:powercfg
引数の追加:-x -standby-timeout-ac 0
OKボタン

OKでタスクの作成を終了

●もうひとつタスクの作成
[全般]
名前:Sleep ON
説明:RDP切断後Sleep設定を戻す(10分)
ユーザーがログオンしているかどうかにかかわらず実行するにチェック
最上位の特権で実行するにチェック

[トリガー]
新規ボタン
タスクの開始:スタートアップ時
OKボタン
※再起動かけたときなど、ホスト側から強制切断された時は
次のトリガーが動作しなようなのでPC起動時も書き換えます。

新規ボタン
タスクの開始:ユーザーセッションからの切断時
OKボタン

[操作]
新規ボタン
プログラム/スクリプト:powercfg
引数の追加:-x -standby-timeout-ac 10
OKボタン

OKでタスクの作成を終了
パスワードを入力
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

思いついた覚え書きさん

Author:思いついた覚え書きさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。